HOME → ラファンシーズ → 使用手順
 
●『ラファンシーズスキンローション』を使用します。 綿棒又は鉗子をしっかり包み込んだカット綿にたっぷりと含ませ力を入れず、優しく塗布してから拭き取ります。
※ワンちゃんネコちゃんの耳道内部は大変デリケートですので、耳壁を傷つけないよう充分注意してください。
●耳そうじ ●『ラファンシーズスキンローション』を使用します。 綿棒又は鉗子をしっかり包み込んだカット綿にたっぷりと含ませ力を入れず、優しく塗布してから拭き取ります。
※ワンちゃんネコちゃんの耳道内部は大変デリケートですので、耳壁を傷つけないよう充分注意してください。
 
●『ブラッシュアップコンディショナー』を被毛全体にスプレーしてから、ブラッシングをして毛流を整えます。
※ブラシによる摩擦や、静電気の発生を抑え、被毛の損傷を防ぎます。
※特にもつれ、毛玉などのひどい部分には、濡れるくらいにタップリとスプレーして、ドライヤーで生乾きの状態にしてから優しくコーミングをしてあげると、思いのほか簡単に取ることができます。
●ブラッシング ●『ブラッシュアップコンディショナー』を被毛全体にスプレーしてから、ブラッシングをして毛流を整えます。
※ブラシによる摩擦や、静電気の発生を抑え、被毛の損傷を防ぎます。
※特にもつれ、毛玉などのひどい部分には、濡れるくらいにタップリとスプレーして、ドライヤーで生乾きの状態にしてから優しくコーミングをしてあげると、思いのほか簡単に取ることができます。
 
●ひどい汚れ、脂性肌に!
『ディープクレンジングシャンプー』(原液)を全体に良くのばし軽くアワ立てて、そのまま2〜3分放置し、そのあと充分にすすぎます。(汚れ、脂がひどい場合には、シャワー前のドライ状態の時に原液を塗布、よくもみ込んで4〜5分放置してからすすぎます。)
●スタッドテール落としに!
『ピュアクリーン』の原液をスタッドテールなど脂性分の強い部分に、直接塗布します。指先で軽くもみ込むようにして、脂性分とよくなじませます。5分ほど放置した後、優しく充分にすすぎます。
(1)下洗い油落とし ●ひどい汚れ、脂性肌に!
『ディープクレンジングシャンプー』(原液)を全体に良くのばし軽くアワ立てて、そのまま2〜3分放置し、そのあと充分にすすぎます。(汚れ、脂がひどい場合には、シャワー前のドライ状態の時に原液を塗布、よくもみ込んで4〜5分放置してからすすぎます。)
●スタッドテール落としに!
『ピュアクリーン』の原液をスタッドテールなど脂性分の強い部分に、直接塗布します。指先で軽くもみ込むようにして、脂性分とよくなじませます。5分ほど放置した後、優しく充分にすすぎます。
 
●『トリートメントシャンプーNK-12』、『スーパーナチュラル』、『F.T.K.シャンプー』いずれかを使用します。 (2)シャンプー剤の選択 ●『トリートメントシャンプーNK-18』
(被毛根元の立ち上がりが 必要な場合は
『トリートメントシャンプーNK-12』)
『スーパーナチュラル』、『F.T.K.シャンプー』いずれかを使用します。
 
●3倍程度にうすめたシャンプーで、優しく洗います。
(原液で使用することも出来ます。)
※スーパーナチュラル、F.T.K.シャンプーは原液使用。
●ダブルシャンプー(2度洗い)を原則としてください。
(3)シャンプー ●3倍程度にうすめたシャンプーで、優しく洗います。
(原液で使用することも出来ます。)
※スーパーナチュラル、F.T.K.シャンプーは原液使用。
●ダブルシャンプー(2度洗い)を原則としてください。
 
●しっかりと、充分にすすいでください。
※すすぎが不充分ですと、時にかゆみの原因になることがあります。
(4)すすぎ ●しっかりと、充分にすすいでください。
※すすぎが不充分ですと、時にかゆみの原因になることがあります。
 
●シャンプーのあとよくすすぎタオルで水分を軽くふき取ってから、よく振って白濁様にした『 P.P.T.コートリコンディショナー』の原液を毛先などの損傷部分を中心に、つけむらのないように充分塗布します。
●5〜10分間放置し、そのあとしっかりと、充分にすすぎます。
※毛切れ、折れ毛、静電気、もつれ、毛玉等々がひどくて、お悩みの場合に。
※通常は月に1度、損傷がひどい場合は週に1度
※健康な被毛でもより美しいツヤ、一層の仕上がりをお望みの場合にも最適です。
(5)トリートメント ●シャンプーのあとよくすすぎタオルで水分を軽くふき取ってから、『エクセルリコンディショナー』を毛先などの損傷部分を中心に、つけむらのないように充分塗布します。
●5〜10分間放置し、そのあとしっかりと、充分にすすぎます。
※毛切れ、折れ毛、静電気、もつれ、毛玉等々がひどくて、お悩みの場合に。
※通常は月に1度、損傷がひどい場合は週に1度
※健康な被毛でもより美しいツヤ、一層の仕上がりをお望みの場合にも最適です。
 
●『トリートメントリンスNK-22』を使用します。
※出しやすくするために、軽く振ってからご使用ください。
(6)リンス剤の選択 ●『トリートメントリンスNK-33』を使用します。
※出しやすくするために、軽く振ってからご使用ください。
 
●一層の毛吹きとボリュームアップに『ボディアッププラス22』を。
※トリートメントリンス NK-22は通常は3〜5倍程度にうすめてご使用ください。何度も、何度も繰り返しかけてあげるチェンジリンス法が効果的です。
※ボディアッププラス22はうすめたリンスに対し10〜20%を加えよく混ぜて塗布。その後4〜5分間放置。
(7)リンス ●よりソフトで落ち着いた仕上がりには『トリートメントリンスNK-33』の原液を被毛全体に塗布後、5分程放置します。
●一層の落ち着きを求める場合『モイストアッププラス33』を。
※トリートメントリンス NK-33は通常は3〜5倍程度にうすめてご使用ください。何度も、何度も繰り返しかけてあげるチェンジリンス法が効果的です。
※モイストアッププラス33はトリートメントリンスNK-33の原液の使用量に対し太い被毛には15〜20%を細い被毛には10〜15%を加えます。4〜5分放置します。
 
●被毛の状態にかかわらず、しっかりと充分にすすいでください。
※被毛だけでなく、皮フもしっかりとすすいでください。(腹部や脚の付け根も忘れずに!)
※ラファンシーズのリンスは、すすげばすすぐほど美しい仕上がりになります。(リンス成分が何も残らないのではと感じるぐらい徹底的にすすいでください。)
※ボディアッププラス22 をリンスに併用の場合は、一層ていねいにすすぎ上げてください。
(8)すすぎ ●被毛の状態にかかわらず、しっかりと充分にすすいでください。
※被毛だけでなく、皮フもしっかりとすすいでください。(腹部や脚の付け根も忘れずに!)
※ラファンシーズのリンスは、すすげばすすぐほど美しい仕上がりになります。(リンス成分が何も残らないのではと感じるぐらい徹底的にすすいでください。)
※モイストアッププラス33 をリンスに併用の場合は、一層ていねいにすすぎ上げてください。
 
●やさしく、ていねいに。 (9)タオルドライ ●やさしく、ていねいに。
 
●『ブラッシュアップコンディショナー』を被毛全体に軽くスプレーしてから、ドライイングにはいります。
※ドライヤーの熱やブラシの摩擦などから被毛を守り、静電気を完全に抑えてサラサラとした軽やかな仕上がりが得られます。
※ドライヤーの熱も被毛の損傷の原因となります。熱で乾燥させるというより、温風の勢いで水分をとばす気持ちでドライイングしてください。
(10)ブロードライ ●『ブラッシュアップコンディショナー』を被毛全体に軽くスプレーしてから、ドライイングにはいります。
※ドライヤーの熱やブラシの摩擦などから被毛を守り、静電気を完全に抑えてサラサラとした軽やかな仕上がりが得られます。
※ドライヤーの熱も被毛の損傷の原因となります。熱で乾燥させるというより、温風の勢いで水分をとばす気持ちでドライイングしてください。
 
 
 
 
入るには会員IDとパスワード が必要です。
 

・おことわり
 当ホームページに記載されております当社または専門スタッフ、メーカー・発売元による犬及び猫の健康、ケアなどへの効果 ・効能表示、アドバイス等の商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、あくまでもひとつの目安で補助的なものとしてお考えください。これらの商品情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。
 また、必ずしもこれらがお客様の愛犬・愛猫の体質、症状、状態に適していると保証するものではありません。症状、状態によっては、個別 に直接獣医師(人用の商品は医師)の診察が必要となります。
 また、ご使用にあたって何らかの疑問が生じた場合はご使用を中止し、必ずその犬・猫の状態を直接ご覧になれる獣医師のアドバイス及び診察をお受けくださることをお勧めします。人用の商品に当たっては医師にご相談下さい。
 商品、サービスのお申し込みは、ホームページに案内されている情報を参考にお客様の自己責任においてお願いいたします。
 加えて、当社では正しい商品情報をお届けするようつとめておりますが、メーカーが告知なしに成分を変更することがごくまれにございます。
また、当社への変更事項の連絡が遅れることもございます。従いまして、実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書き等をご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー・発売元にお問い合わせください。商品のご使用にあたっては、用法、用量 等を必ずお確かめ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
 

とじる